top of page

聖なる煙の魔法で空間を浄化する

片づけや掃除をしても、気分がスッキリしない、落ち着かず集中できない、行き詰まり感がある。それはエナジーが空間で停滞しているからかもしれません。空間を定期的に浄化してあげることで、不要なエナジーを解放して新しい変化を招き入れ、風通しのよい環境を整えることができます。ご自身やご家族のエナジーケアの一環として日々の生活に取り入れてみましょう。

 

目次


I. 空間の浄化は大切です

空間のエナジーとは

空間の浄化が必要な理由

①人と空間は互いに影響し合う

②磁場の乱れは健康を害する

③「引き寄せの法則」発動

空間の浄化をしたほうがいいとき


II. 聖なる煙の魔法で浄化する

スマッジング

聖なる煙を出す植物や樹脂

五大元素とそのエレメンタルたちとつながる

スマッジングで望める効果

浄化とは、バランスをもたらすこと

錬金術でいう賢者の石?

 

I. 空間の浄化は大切


空間のエナジーとは


目には見えませんが、空間にはあらゆるエナジーがあります。


たとえば・・・

  • 土地・建物が持つエナジー

  • 物とそれが置いてある場所のエナジー

  • 人が意識的/無意識的に放つ思考・感情のエナジー

  • 異界(霊界/天使界)の存在、通路(霊道)、出入り口のエナジー

  • カビの胞子、ほこりといった空中の浮遊物、太陽光線や電波のエナジー

人は、ある空間に足を踏み入れた瞬間、空間のエナジーの周波数、つまり波動を総合的に場の雰囲気として感じ取ることが多いでしょう。


ちなみに、これはクレアセンシェンス(透感覚)という超感覚的知覚(ESP)です。自分にとって安全かそうでないかをエナジーの振動数で捉える能力はすべての人に備わっているので、意識を向けてみると空間の波動の違いに気づくことも増えていきます。

関連記事:『#7 (身体的に)感じるクレアセンシェンス


空間の浄化が必要な理由


自分にとって望ましくないエナジーは放出し、望ましいエナジーを取り入れる。


空気の入れ換えと同じような理由で、空間も浄化してあげるといいでしょう。空間にネガティブなエナジーが停滞していると、心身の健康に影響を及ぼすことが多いからです。


その理由について、3つ見ていきましょう。


①人と空間は互いに影響し合う


人にエナジーフィールド(エナジーを吸収・交流・放出している電磁場)があるように、土地や建物にもエナジーフィールドがあり、固有のエナジーパターンを作り出しています。そして、それは呼吸しているかのように、常に一定ではなく変化し続けています。

関連記事:『エナジーフィールドについて知ろう

そこに住んでいる、あるいはそこで働く人たちのエナジーを土地や建物は交流・吸収するからです。反対に、土地や建物が放出するエナジーが人に影響することもあります。人と土地・建物を、磁力のあるエナジーフィールド同士の接触として捉えてみると、互いに影響し合って当然なのかもしれません。たとえば、職場に一歩足を踏み入れた瞬間に、自分もそこで働く人たちの集合的なメンタリティに感化されるといったことはあるでしょう。


空間において、自然に浄化されていくエナジーもあれば、留まってしまうエナジーもあります。停滞しがちになるエナジーは、繰り返されるパターンが原因であることも多いです。


家庭内不和が続くお家では、怒り、憎しみ、悲しみといった重たい感情が空間に留まることがあります。そのエナジーは、人に影響を与えます。たとえば、両親が前日言い争いをしたリビングに入っただけで、子どもがイライラや情緒不安定になることはあるでしょう。


ひとりで住んでいても、日頃から自分を否定したり、責めたり、落ち込んだりする傾向があれば、そのエナジーが空間を占め、その部屋にいるだけで、自分の悪いところを探し始めたり、気が重くなったり、訳もなく悲しくなったりすることもあるでしょう。


つまり、人が放つエナジーが空間のエナジーに影響するだけではなく、空間を占めるエナジーがそこにいる人に影響を与えうるということです。自宅のエナジーフィールドは特に、自分や同居するご家族のエナジーフィールドの延長として、定期的に浄化する必要があるものとして捉えておくといいでしょう。


②磁場の乱れは健康を害する


土地の磁場の乱れは健康との深い関わりがあります。私たちは地球のエナジーフィールド(電磁場)で生活していますが、その状態は場所によって大きく異なります。何らかの理由で磁場に乱れが生じたままで生活を続けると、病気を発症させるだけではなく、治療の効果まで半減させることがドイツやイギリスの研究によってわかっています。

リチャード・ガーバー医学博士は著書『バイブレーショナル・メディスン』において、異常なエナジーフィールドのなかで生活すると、正常な状態では時計回りの極性をもつ血液が反時計回りになる傾向があることに着目し、がん患者のほとんどが反時計回りの血液極性をもつことを発見した研究に言及しています。


磁場に乱れが生じるのは、霊的な理由によることもあります。敷地内もしくは近所に、異界への入り口や地縛霊などがいることで、人や動物の心身の不調が続くケースを何度も見てきました。地理的・物理的な理由で磁場が乱れるときと違い、浄化すれば正常に戻ることが多いですが、磁場が乱れているところで生活し続けることは危険だと実感しています。


③「引き寄せの法則」発動


同じような波動を持つエナジーは互いに引き合うので、最初は取るに足らない低い周波数のエナジーが、何かをきっかけに突然強大なものになることもあります。

たとえば、元々あまり波動の高くない土地に立っている家があります。そこに住む一家は、普段は平和に過ごしていたものの、人生の変化が多くなったときに家庭内の不和が増えていきました。すると、低い波動が集まり始め、やがて強い地縛霊が住み着くようになり、その地域一帯の波動も下がっていきました。心身の不調はそこに住むご家族だけではなく、やがてご近所にも波及し始めました。

他にも、何百年も前から敷地内に未成仏霊がいて、他の霊を呼び寄せ磁場が狂い、そこにお住まいの方ががんを煩うといったケースもありました。


このように、不調和が不調和を呼ぶといったことはあります。ヒーリングで対処できますが、不調和が大きくなる前に対処できるとベストでしょう。


繰り返しますが、家のエナジーフィールドは、そこに住んでいる人のエナジーフィールドの延長なので、家よりも、そこに住んでいる人のエナジーを先にヒーリングする必要がある場合もあります。人が何らかの理由で低い波動のものを引きつけていることもあるからです。


お住まいをこれまで一度も浄化したことがなく、不調和を感じる方は、お家/敷地全体の浄化と保護のヒーリングを受けることをお勧めします。知らない間に、妖怪が家の中にいたり、異界への入り口ができていたり、外出先から自宅に霊などを連れ帰ってくることもあります。必ずしも悪さをするわけではありませんが、長居されて良いことはないので、浄化は早いほうがいいでしょう。


animiscentのセッションでも承っております。お家/敷地の内側にご自身やご家族以外の存在やエナジーがないか確認のうえ、必要があれば浄化して、お住まいのエナジーフィールド全体にプロテクションや結界を張り、お家を外側からの望ましくないエナジーから防御したりそれを跳ね返したりする設定を行います。いい状態になるとお家に精霊が来てくれることもあります。


空間の浄化をしたほうがいいとき


次のようなときは、空間の浄化をしてみるとよいでしょう。

  • 倦怠感を感じ無気力で、行き詰まり感がある

  • 落ち着かず集中できない

  • 同じような思考パターン・感情・行動を繰り返す

  • 欲求や情熱が薄れている

  • 病気予防、病中・病後

  • 言い争いや衝突のあと

  • 眠れない、悪夢を見る

  • 入居の直前/直後

  • 家の中で物音がする、電化製品が故障しやすい、避けたい場所がある

  • 来客前後

  • 他者や物事に対する執着を手放したい

  • 課題解決の糸口を見つけたい

  • 変化を歓迎したい

  • 精霊や高い波動のスピリットを招き入れたい

  • 自分の空間を安全に保護したい

  • 瞑想・勉強・仕事前に整えたい

厄介なものでなければ、ご自身でも、簡単に空間を浄化することができます。

次にその方法をご紹介しましょう。



II. 聖なる煙の魔法で浄化する


今回ご紹介するのは、空間を煙で浄化する方法です。

植物と相性のいい方には抜群に効果を発揮します。


※音叉を用いて空間のエナジーを調える方法もありますが、それについては『#2 聴くクレアオーディエンス』の『クレアオーディエンスを使う人に向いている癒しかた』をご覧ください。


スマッジング


植物や樹脂を燻して出す煙によって、エナジーの振動を高めてネガティブエナジーを浄化し、病気の予防、心身の癒し、魂の解放を促すという手法は、古代エジプトの時代に行われていたそうです。

他の多くの文化においても、立ち昇る煙は天まで昇ると考えられ、精神世界と、そして神聖な源とのより深いつながりをもたらすものとして、スピリチュアルな儀式に使われてきました。


その中から、ネイティブアメリカンのシャーマンによって伝統的に行なわれているスマッジングという方法をご紹介します。


必要なものと手順

  1. ホワイトセージなど、お好みの植物、木片、樹脂を

  2. アバロンシェル(アワビの殻)もしくは陶器に置き

  3. マッチなどで火を点け、炎を消して、煙を出し

  4. 鳥の羽根や手で風を送り、停滞したエナジーを煙と共に立ち昇らせる

  5. 上記を明確な意図(例「不要なエナジーを手放します」)を持って行う

  6. 窓を開けて空気を入れ換える

順番としては、まず自分の体全体を浄化してから、家や車などの空間を浄化するとよいでしょう。スマッジングを終えてから窓を開けるのが理想ですが、火災警報器などが鳴る恐れがある場合は、窓を開けて行いましょう。


クリスタルやよく身に着けるもの、家具なども煙で浄化することができます

頂きものを自宅に置くときも、浄化してからが良いでしょう。

残った灰は、土に還しましょう。

アバロンシェルの表面はとても美しい色をしていますが、光があたると青と緑の色だけを反射させる構造色という特殊なつくりとなっています。そこを保護するために、天然の砂、海塩、灰などを入れておいてもよいでしょう。


植物を束にしてスマッジバンドルを作る場合は、アバロンシェルを残り火と灰の受け皿にします。必要な浄化が終わったら、火を吹き消すのではなくアバロンシェルに置いた砂や海塩に押しつけて消します。

鳥の羽根も必須ではありませんが、豊かさや誇りを表す七面鳥の羽根が最もよく使われているようです。羽根や手で風を送るとき、エナジーを放出したいときは右回り(時計回り)に、エナジーを呼び込みたいときは左周り(半時計回り)に、もしくは、∞(無限、インフィニティ)を描くと良いという説もあります。

道具を揃えることやお作法よりも大切なのは、意図を持って行うこと。煙を魔法にするのは、あなたがそれを意識的に、意図を持って行うことによってはじめて可能となります。初めは混乱を招かないように、まずネガティブエナジーの浄化(放出)を行ってから、ポジティブエナジーの招待(吸収)を行ったほうが良いでしょう。


いつも家全体の浄化をしなければならないというわけではなく、気になった場所だけ気軽に行ってもいいでしょう。家族間で諍いがあったならリビングを、安眠をしたければ寝室を。


集中したいとき、瞑想したいとき、イヤなことがあったとき、気分を変えたいとき。セージの葉一枚だけでも変わります。いつでも気軽に行うことで、その植物との親和性も高まり、浄化の効果を感じやすくなるでしょう。


聖なる煙を出す植物や樹脂


スマッジングには、強力な浄化作用があることで知られるホワイトセージが最もよく使われています。セージは、ラテン語で「救う」という意味のsalvare(サルワーレ)が語源。

抗菌、抗真菌、抗ウイルス、抗酸化作用など、薬効成分を豊富に含み、ハーブティーにもオススメの植物です。

セージの煙は、悪霊やネガティブな思考・感情を取り除くだけではなく、脳への酸素供給量を増加させ、緊張した筋肉をリラックスさせます。呼吸を楽にしてくれる作用があるため、咳や喘息、風邪の症状がある場合にもオススメです。

ホワイトセージと他の植物を合わせて束にしてからスマッジングをしたり、ハーブティーがお好きな方は、ティーに煎れるハーブと同じハーブを部屋で焚いてみるといいでしょう。そのハーブが持つスピリチュアルな作用を最も効果的に得られます。


たとえば、

  • ローズマリー 問題を明確にし、解決の糸口が見つかるよう助けてくれます。

  • ローリエ 不安を和らげ、成功と癒しを起こします。

  • ラベンダー 混沌としたエナジーを鎮静させてバランスを取り戻し、愛に満ちたエナジーと精霊を家に招待します。

スマッジングには、木の枝や樹脂を用いることもあります。ホワイトセージの香りが独特で苦手という人は、お好みの香りで他のものを選んでみるといいでしょう。

  • スギ 家を浄化し、望ましくないエナジーから保護して、ポジティブなエナジーを引きつけます。

  • マツ 自信や繁栄をもたらし、家を祝福します。

  • パロサント スペイン語で「聖なる樹」を意味し、インカ帝国の時代から儀式に用いられてきたそうです。パロサントは、空間とオーラを深く浄化し、ポジティブなエナジーを取り戻して波動を上げます。創造性や叡智を呼び醒ましてくれるかもしれません。

  • ジュニパー 古代ケルトの人々は、家を祝福する儀式としてジュニパーの枝を燃やしたそうです。

  • フランキンセンス/乳香(樹脂) 世界最古の樹脂のひとつで、空間からネガティブなエナジーを取り除いて保護します。深い観察力と洞察力を授け、魂が精神的な高みに達するのを助けます。また、開放感や至福感をもたらし、不安や抑うつの軽減にも効果があることが研究でわかっています。

  • コーパル(樹脂) 琥珀(アンバー)になる前の半化石化した樹脂で、マヤ文明やアステカ文明といった古来より瞑想や儀式のためのお香として焚かれたそうです。体から病気やエナジー的なブロックを取り除いてくれます。


神聖とされる樹脂には他にも、ミルラ(没薬)、ピニオンパイン、ベンゾイン(安息香)、ドラゴンズブラッドなどがあります。それぞれ独自の性質がありますので、試してみると面白いでしょう。


樹脂を燻す場合は、シェルや陶器に塩や灰を敷き、点火した香炭の上に置くと良いでしょう。


スマッジングには、純粋なタバコの葉を用いる原住民の部族もいて、シャーマンが口から吐くその煙によって、男性を浄化して精神的に強化したり、意図と祈りを天に運ぶことができると信じられていたそうです。



五大元素とそのエレメンタルたちとつながる


ご紹介した道具と手順にはそれぞれ意味があり、この一連の動作を行うことで、私たちは五大元素とその元素が表す方角とつながります。

植物、木片、樹脂などは地のエレメント(北)

貝殻や陶器は水のエレメント(西)

燃やすことで火のエレメント(南)

羽根や手で扇ぐことで風のエレメント(東)を呼び出します。


これらを結びつけ生み出されるのが煙、空(くう)のエレメントです。


※括弧内は北半球における方角。南半球では地が南、火が北になります。


それぞれのエレメントがもたらしてくれる性質については、別記事『プラトン立体で心身を整える』の『正多面体の性質』をお読みください。


ちなみに神秘主義の伝統では、それぞれの元素と対になる精霊(スピリット)と波動を合わせることにポイントを置いています。

  • ノーム(地のエレメンタル)

  • アンディーン(水のエレメンタル)

  • シルフ(風のエレメンタル)

  • サラマンダー(火のエレメンタル)

光の存在たちをそれぞれ家に招き入れるような感覚で行ってみるのも面白いですね。

実際に、家を浄化すると精霊が来てくれることがよくあります。

居心地が良ければ、長く居てくれるでしょう。


五大元素は、会陰/尾骨の第1チャクラ~喉の第5チャクラまで対応しています。

関連記事:『五大元素とつながる―地の第1チャクラ

五大元素とつながる―水の第2チャクラ

五大元素とつながる―火の第3チャクラ

五大元素とつながる―風の第4チャクラ

五大元素とつながる―空の第5チャクラ


煙が持つ「空」のエナジーは、喉の第5チャクラより上の第6・第7以上のチャクラとも共鳴するといわれています。まさに、煙が立ち昇っていくさまを表しているようですね。自分自身に煙を燻らせていくと、浄化だけではなく全体を整えていくこともできるかもしれません。


空のエレメントは次のような性質をもたらし、すべてなるものとのつながりを思い出させてくれます。

  • 自分の魂、高次の自己とつながる

  • 自分や周囲の波動を上げる

  • 次元上昇、一体性、全体性

  • 自他との平和的関係


スマッジングで望める効果

  • 気分を切り替えることができる

  • 心の明晰性、集中力を保ちやすくなる

  • 心身共にエナジーをシフトさせやすくなる

  • 新しい変化を呼び込むことができる

  • 波動の低い存在を遠ざける

  • 自分や他者の古い思考・感情に引っ張られなくなる

  • 孤独感や不安感に襲われなくなる

  • 解決策を見つけやすくなる

  • 自他の間にスペースができる

  • 寛容さが生まれやすい

  • 空間を保護することができる

  • マイナスイオンを発生させ、抗菌作用で空気もきれいになる

セージを 1 時間燃やすと、空気中の有害なバクテリアの 94% が最大24時間除去され、空気の質が改善されることが科学的に裏付けられています。煙は抗菌性があり、さまざまな種類の感染を減らすことができるそうです。


煙によって発生したマイナスイオンは、空気中のプラスに帯電した粒子に付着するといわれています。それにより重くなったアレルゲンや有害物質(カビの胞子、花粉、ペットのフケ、におい、細菌、ウイルス、ほこりなど)は空気中に浮遊できなくなるため床に落ちます。掃除機をかけるなら、スマッジングで空気をきれいにしてからが良いかもしれません。


浄化とは、バランスをもたらすこと


「浄化」というと、悪いものを撃退する意味に捉えられがちですが、陰と陽、女性性と男性性、ハイアーセルフとロウアーセルフ、どちらかに偏りがちなときに、中庸に戻してくれるものだと私は思います。つまり、アンバランスなところにバランスをもたらすこと。


スマッジングでつながる五大元素のうち、

水のエレメントと風のエレメントは「女性性」「受動性」「右脳」の性質を持ち

地のエレメントと火のエレメントは「男性性」「能動性」「左脳」の性質を持ちます。


性別にかかわらず、誰もが女性性と男性性を持ち合わせています。どちらかに偏りすぎると不調和が生まれるため、バランスを保つことが肝要です。


女性性は「受け取る」「共感」「従順」「育む」「直感的」な性質を持ちますが、偏ると愛情欲求が過ぎたり、必要以上の我慢をするなどして決断・行動できなくなるといったことが起こりやすいでしょう。

男性性は「与える」「決断・行動・達成」「指導力・推進力」「論理的」な性質を持ちますが、偏ると自己主張や支配欲が強くなるでしょう。


スマッジングで作り出した