Flower Essences
フラワーエッセンス

 日光や月光の力を借り、それぞれの花がもつエナジーの特性を情報を記憶することのできる水に刷り込ませ、保存料としてブランデーや植物性グリセリンを加えたものをフラワーエッセンスといいます。舌下に垂らす、身体に塗る、お風呂に入れて使うなどの方法があります。ホメオパシーのレメディや宝石エリクサーよりも高い生命力を蓄え、多次元のエナジーレベルに強く作用して感受性を調節し魂と身体とのつながりをもたらすといわれています。1930年代エドワード・バッチ博士によって花療法として体系化されましたが、古代でも花の朝露を集めて治療に用いられていたといわれています。現在、フラワーエッセンスは数千種類ほどありますが、同じ花のものであったとしてもその育まれた環境や作り手・作り方によってエナジーレベルや作用が異なるため、選ぶ際には吟味する必要があります。

Why Flower Essences?
フラワーエッセンスの作用

 この地球上で人類よりも先に進化を遂げて完成されていた花。その花の波動は、わたしたちが自分たちの魂との調和を取り戻しエナジーが滞りなく流れるよう働きかけてくれます。人間や動物は、身体的にも精神的にもエナジーの滞りがあるといずれ病気として表面化してきます。その滞りを取り除くためのサプリのような、リラックスして自分の好きな音楽を聴くような感覚で日々取り入れてみると、徐々に変化が現われてきます。ヒーリングセッションを受けるよりはゆったりと穏やかな効果ですが、日々のエナジーメンテナンスとして、ひとつずつご自身にとって不要なものをそぎ落としていきたいという方、内面の変容を受け入れる準備が整っている方には特にオススメしたい波動療法です。

 ホメオパシーと違い、フラワーエッセンスには自己調整能力があるため、複数のフラワーエッセンスを同時に摂ることもできます。選び方を誤ったとしても摂りすぎたとしても、最適な波動のバランスで効果をもたらしてくれるため、安心して摂れる心強い味方です。

It Takes Conscious Effort
意識的に摂ることが大切

 フラワーエッセンスは気軽に摂ることができるため、これさえ摂っておけば大丈夫と思ってしまいがちです。もちろん、摂れば波動に変化が生じますが、その変化に能動的に気づき変容を受け入れる意識でいることで効果が早く現われます。やがてそのエッセンスを摂る必要がなくなり、また別のエッセンスに移行するときがやってきますので、そういった意味でも意識的に摂ることが大切です。

 具体的にどんな過程を経るかは人それぞれですが、ヒーリングセッションを受けた後に起こるようなプロセスと似ています。自分でも気がつかなかった「本来の自分」に無意識のレベルでアクセスし、向き合うことが必要な内面の問題が意識にのぼってきます。強い感情を経験した記憶がよみがえることもありますが、そのときに「もう手放そう」と意図することで感情のしこりが消えていきます。このように、意図して摂ることで効果を実感できるのがフラワーエッセンスの特徴です。

Amplifying the Effects
効果を増幅する摂り方

  1. 摂る前にボトルを5回ほど振ります。こうすることで、エッセンスに含まれる生命力が活性化され、また、ご自身がもつ波動との共鳴が起こりやすくなります。複数のフラワーエッセンスを摂る場合も、混ぜる前と混ぜた後に振ることを忘れずに。

  2. 個々のフラワーエッセンスの作用を意識して7滴ずつ摂りましょう。バッチフラワーレメディの場合は4滴ずつが良さそうです。舌下に垂らす、お風呂に入れる、身体に塗るなどの方法がありますが、舌下に垂らす場合はすぐに飲み込まずに1分ほどとどめておくと良いでしょう。

  3. フラワーエッセンスを摂ってから1時間後に蒸留水をコップ1杯ほど飲むと、エッセンスの身体への浸透と体内の浄化を助けてくれます。

  4. 同じフラワーエッセンスを一日に3~4回摂ります。

Combining Essences With Other Vibrational Remedies
他の波動療法との合わせ技

  • フラワーエッセンスと同じハーブを前後に摂ると、フラワーエッセンスの身体的・精神的効果とハーブの薬効効果の両方が増幅されます。

  • フラワーエッセンスを軟膏にして摂る場合は、同じ植物のエッセンシャルオイルと混ぜて作ると良いでしょう。

フラワーエッセンスは、異なる種類のエッセンスのボトル同士が接しないように保管しておきましょう。それぞれ異なる波動を持つため、接した状態で数年間置いておくと波動が混ざってしまうことがあります。

Types and Combinations
エッセンスの種類とコンビネーション

 花それぞれの特徴的な作用がありますが、物質的身体に主に作用するフラワーエッセンスとエナジー体やチャクラ、心理的状態に主に作用するフラワーエッセンスの大きく2つの種類に分けることができます。バッチ博士のレメディは後者の種類です。どちらかにだけ作用するエッセンスもありますが、ほぼすべてのエッセンスが身体と精神の2つの領域に作用し、内的調和を促してくれます。どちらに焦点を当てるか、そのときどきの身体や精神の状態に応じて選んでみると良いでしょう。

 一度に摂るエッセンスは6~9種類、瞑想を習慣にしている方は15種類までが良いとされています。バッチフラワーレメディの場合は4種類程度に留めておきましょう。理由は、新種とされるフラワーエッセンスはパーソナリティのポジティブな側面を増幅させる作用があるのに対し、バッチ博士のレメディはネガティブな側面を取り除くような作用があるから。バッチフラワーレメディの有効性をテストした実験では、4種類のレメディと7種類のレメディを3~6週間に渡って摂ったグループを比較し、4種類のグループはポジティブな変容を迎えられたのに対し、7種類のグループはストレスを感じたため途中で離脱する人が多かったそうです。内面の課題が一度に意識に上がってきて、つらくなってしまうことがあるため、注意が必要です。

Remedy Prescription
バッチフラワーレメディを処方します

 

animiscentのヒーリングセッションをお受けいただいた方で、セルフケアとしてバッチフラワーレメディをご希望の方は、処方をご依頼ください。38種類のレメディの中から今のあなたにとって最適なものを4種類前後まで選びます。コンサルテーションはありません。遠隔であなたのエナジーにアクセスし、結果をLINEやメールでお伝えします。ご自身では気づくことが難しい、潜在意識に眠っている課題を癒したい方にオススメします。
※レメディの購入はご自身でお願いいたします。

Remedy Prescription

バッチフラワーレメディ処方

バラ

​¥4,400(税込) → ¥3,960(税込)

​(お支払方法はお振込のみとなります)

期間限定

Heal Yourself

自己理解を深め、手放す
​日々のセルフケアに

Flower Essences Effecting Primarily
the Physical Body

主に物理的身体に作用するフラワーエッセンス

Yerba Mate
イェルバ・マテ

 パラグアイやブラジル南部などを原産とする常緑喬木で、ビタミンやミネラルを豊富に含み、向精神作用があるため南米ではお茶として大変よく飲まれています。お茶として摂るときとほぼ同じように、フラワーエッセンスもその向精神作用を発揮してくれます。

 フラワーエッセンスとして摂ると、脳の神経細胞の再生だけではなく、使われていない脳の部分の細胞の機能パターンの再配置をも促してくれ、記憶力、視覚化力、集中力の持続時間を高めてくれます。脳内化学物質のアンバランスにより引き起こされる精神疾患など、幅広い精神病に効果があるとされています。また、現在および過去の人生における他者からのテレパシーを受け取りたくない場合もこのフラワーエッセンスは助けてくれます。

Flower Essences Effecting Primarily
Ethereal & Spiritual States

主に精神性・霊性に作用するフラワーエッセンス

Passion Flower
トケイソウ

 5月から7月にかけて咲くトケイソウは、ヒステリー、不眠、情緒不安、緊張性頭痛などの精神的に不安定な状態に効果を発揮する植物性精神安定剤として古くから使われてきました。

 フラワーエッセンスとして摂ると、その人の霊性にダイレクトに作用し冷静さをもたらします。視覚化がクリアにできるようになると共に、緊張や不安を覚えることなく高次の意識に容易くアクセスできるようになります。マインドフルネスがうまくてきない方にもオススメです。感情的に混乱した状態にあっても、徐々に解放されバランスがをもたらされます。ハーブの薬効成分と同様に、安眠を助ける作用もあります。その日に起きた出来事を思い返して眠れなくなる方には、夢を通して学びを受け取る勇気も授けてくれます。

 古代レムリアの時代に作られた植物ということもあり、レムリアの中心地であったハワイ諸島で作られたものが最も波動が高いとされています。

©2021 animiscent