クレイのデトックス作用とエナジー

最終更新: 3月14日

ペロセラピー(Pelotherapy)*やペロイドセラピー(Peloidtherapy)といった言葉をご存じでしょうか?医療目的でクレイ(泥)を用いる療法のことです。ファンゴセラピーやマッドセラピーと様々な名称があり、これを統一化しようという目的でペロセラピーというギリシャ語由来の言葉が生まれたそうです。毒素を吸着して排出してくれる優れもののクレイ。しっかりとした品質のものを選び、セルフケアに取り入れてみましょう。 *Pelotherapy. Nature133, 288 (1934).


伝統療法としてのクレイ


古来、クレイはその作用特性を活かして幅広く用いられてきました。古代エジプトではミイラを作るための死体の防腐剤として、古代ローマでは炎症、潰瘍、骨折、打撲等の治療に、オーストラリアの先住民アボリジニは外傷などの治療に、北米の先住民は梅毒の治療に、中国では漢方の一部に、モロッコでは洗浄剤として。20世紀前半のヨーロッパでは、クレイは赤痢やコレラの感染防止に効果を上げ、当時は不治の病とされた結核も治すことができたそうです。(出典:『大地のエネルギーで癒す クレイセラピー』福島麻紀子著


他にも下記のような病気の治療に用いられたそうです。アルカローシス、アレルギー、貧血、関節炎、乳がん、頸椎脱臼、眼科・耳鼻科疾患、線維腫、骨折、頭痛、多量出血、ヘルニア、腰痛、リンパ組織炎、単核球症、月経痛、流行性耳下腺炎、リューマチ、座骨神経痛、帯状疱疹、胃潰瘍、脊椎疾患、捻挫、扁桃腺炎、静脈瘤。

出典:GEM ELIXIRS AND VIBRATIONAL HEALING VOL.1 by GURUDAS



クレイがもたらすメリット


ミネラル補給

クレイの種類によっても差がありますが、40~60%はシリカ(ケイ素)です。それに、カリウム、カルシウム、鉄、リン、アルミニウム**、マグネシウム、亜鉛、銅、ナトリウム、塩素、マンガン、その他の微量ミネラル(トレースミネラル)が含まれます。 (**クレイに含まれるのは酸素が結合した酸化アルミニウムで、人体への害は心配ないそうです。)


デトックス作用

水分と合わせたクレイは、その吸収作用によって皮膚や細胞膜上で浸透圧作用を起こし、体内の細胞にその多種多様なミネラルを補給しながら、その入れ替えに、停滞している水分や毒素を引き出し排出してくれます。『重金属の排出を促して病気予防を』の記事でも触れましたが、クレイはその表面積がマイナスに帯電されているため、プラスの帯電である重金属、農薬、老廃物などの毒素を引き寄せる現象が起きるといわれています。


身体全体の機能向上

クレイが起こす浸透圧作用によって体内循環が促進され、免疫システムが働き、自然治癒力が上がるというメカニズムで、下記のような効果が得られるとされています。

代謝促進、血液・リンパ液の循環促進、抗炎症、鎮痛、水分滞留の解消、抗菌、バクテリアの増殖抑制、皮膚組織や細胞の回復・再生、免疫促進



クレイをどう使う?


様々な効果が期待できるクレイ。近年、美容や医療の分野でその利用価値が見直される動きがあります。自宅でも気軽にセルフケアなどに取り入れることができます。

外用

  • 水と合わせてペースト状にし、直接使う <こんなときに> フェイスパック、頭皮パック、ボディパック、外傷、やけど、歯磨き粉

  • お湯に入れて身体を浸ける手浴、足浴、全身浴 <こんなときに> 風邪、インフルエンザ、筋肉痛、アトピー性皮膚炎、足のむくみ、末端冷え性

  • 精油を混ぜて身体にはたくボディパウダー、フットパウダー <こんなときに> 水虫、足のむれ、足の臭い、あせも、おむつかぶれ、膣炎・性器ヘルペス

  • 水と合わせてペースト状にし、ガーゼに包み患部を湿布する <こんなときに> 風邪、インフルエンザ、腰痛、肩こり、筋肉痛、月経痛、PMS、せき・喘息、帯状疱疹、膣炎・性器ヘルペス、下痢、便秘、頭痛、目の疲れ、捻挫


内服

ヨーロッパなどでは普通にクレイを水に溶かして飲むんですね。食品グレードのイライトかベントナイトという種類のクレイが内服に適しているとされ、フランス、アメリカ、オーストラリアなどでは入手しやすいようです。日本でも胃薬などにモンモリロナイトというクレイが含まれているそうですし、意外と皆さん初めてではないのかもしれません。


クレイをティースプーン1杯、コップ1杯の水に溶かし、そのまま、あるいはクレイが沈殿するのを10分以上待ってから飲みます。内服前後2~3時間は食事・投薬・サプリメント・経口ピルなどを避け、空腹時を選びます。上澄みだけでも、ジュースに混ぜて飲んでも良いとか。毒素が溜まっている場合は何らかの好転反応があり、それを乗り越えて飲み続け、何週間、何ヶ月か経って効果を実感できることが多いようです。日本では推奨されていませんので、試される場合は自己責任でお願いします。

<期待される作用>

  • 毒素排出

  • phバランス調整

  • 免疫亢進

  • 抗炎症

  • 栄養吸収促進

  • 血糖値調整

  • 腸内環境改善

  • 鎮痛

<こんなときに>毒素排出、ミネラル補給、胃腸の不調、食あたり、下痢、便秘、吐き気、口臭、腫瘍、花粉症、アトピー性皮膚炎、湿疹、ニキビ、皮膚疾患、関節炎、リウマチ、痔、前立腺疾患、生理痛、頭痛、慢性疲労など


ハウスキーピング


野菜や果物をクレイ水につけておくと残留農薬を解毒してくれたり、花瓶の水にクレイを加えると切り花が長持ちするそうです。床やテーブルもクレイ水で、トイレにもクレイを振りかけて洗浄できます。



実際に試してみました


初めはアロマフランスのグリーンイライトを買ってみました。まず、フェイスパック。初めてお試しされる敏感肌の方はピンククレイの方が刺激が少なくて良いそうです。厚めに塗るほど効果的で、10分~20分放置します。乾燥が気になる方は短めに、脂性肌の方は長めにし、完全に乾く前に洗い流します。


<レシピ>柔らかさはお好みで調整します。

クレイ 大さじ2

水  大さじ1

キャリアオイル 小さじ1

フランキンセンス精油 数滴


注:クレイは金属を浸食し錆びつかせてしまうため、保存や混ぜるときに使う容器やスプーンなどは木製、ガラス製、プラスチック製のものを選びましょう。

水は水道水、ミネラルウォーター、フローラルウォーター、ハーブティー何でも良いそうです。キャリアオイルや精油を加えずにはちみつでもOK。肌が乾燥気味のときは、はちみつやアボカドが良いそうです。美白効果にはイチゴのすりおろし、角質ケアならリンゴのすりおろし、脂性肌には卵白と合わせるなど、色々と遊べます。



肌が柔らかくなって表面がなめらかになったほか、見事にリフトアップしました。目尻の皺やほうれい線が目立たなくなったほどです。首まで伸ばしてパックすると、皺が取れるだけではなくほっそりします。一度だけで効果を実感したのでしばらく続けてみようと思います。パックの残りを身体につけるだけでもつるすべに。洗浄効果があるのでボディソープ不要です。


ヘアパックも試してみました。頭皮は毒素を吸収しやすいので、定期的にデトックスすると健康な髪が生えてきてくれるとか。髪の毛はゴワゴワになるので、気になる場合はそのあとにシャンプーしても良いそうです。ベントナイトというクレイを使えば髪がゴワゴワしないという声もあるそうです。私の髪は超細くて柔らかいのでゴワゴワで絡まりましたが、根元からふんわりと立ち上がるようになりました。日焼けや環境汚染からのダメージを修復し、地肌を整えて健康な髪が生えてくることに期待します。


次は内服。アロマフランスのグリーンクレイは子どもの頃によく触った粘土の香りがして飲みづらかったですが、アルジタルのグリーンクレイは上澄みだけなら違和感なく飲むことができます。効果が実感できるようになったらレポートしたいと思います。


同じくグリーンイライトが入った歯磨き粉

歯のクリーニングの痛みや不安を和らげる方法』でご紹介したエドガーケイシーの重曹と塩も良いですが、クレイの歯磨き粉も歯がツルツルになります。歯周病、口臭、そして感染症予防にもなるのでオススメです。



どのクレイを買う?


世界で使われているクレイの9割以上が陶芸や工業用と言われています。当然ですが、セラピーには、農薬や放射能などに汚染されていない地域から採掘され、重金属や毒性が高濃度に含まれていないクレイを選ぶことが大切です。

アルジタルのグリーンクレイが採掘されるイタリア、シチリア島のシクリの丘

フランスのアルジレッツ社のクレイは国からも食用グレードとして認められているそうなのですが、日本では手に入りにくいです。イタリアのアルジタル社のグリーンクレイはヨーロッパで飲めるクレイとして販売されていることもあり、評価も高く安全のようです。

内服しないとしても、歯磨き粉やうがいに使うときには食用グレードが安心ですね。宇宙のリズムと照らし合わせて、一年のうちで太陽の力が最も活発な夏の数ヶ月間に限定して採掘し、その後天日干しをして太陽のエナジーをたっぷり吸収させるという、鉱物の生命力を最大限に引き出すバイオダイナミック製法を用いています。波動が高そうなので今はこちらを購入しています。




クレイの波動的効果


クレイは波動的にどんな効果をもたらしてくれるのかリーディングしてみたところ、ネガティブなエナジーを浄化してくれるだけではなく寄せ付けにくく、そして、本来の自分とつながりやすくなるように感じました。自分にとって不要なものを取り除いてくれるため、余計なところに自分のエナジーを使わなくて良いといった意味もあるのかもしれません。また、鎮静効果もあるため、怒りに変わりやすい類いの不安など、気持ちが落ち着かないようなときに、クレイを水と混ぜて第3チャクラ(みぞおち)の辺りにパックすると心を鎮めて潰瘍を予防してくれそうです。

GEM ELIXIRS AND VIBRATIONAL HEALING VOL.1 by GURUDAS で、クレイのエリクサーをチャネリングした情報によると、以下のような効果があることがわかりました。

  • 細胞内から毒素を引き出し排出、皮膚を含め身体全体を完全に浄化

  • 尿酸を中和

  • 皮膚組織の再生に有効

  • 頭皮や腸管を完全に浄化

  • 腸内から有害毒素を洗い流し、腸内フローラの機能を亢進

  • 歯のエナメル質や脊椎骨など、骨格系の再生

  • 感情が溜まりやすい第3チャクラ(みぞおち)を開放

また、全身のエナジー経絡を強化するほか、体内の結晶構造(細胞塩、リンパシステム、胸腺、松果体、赤血球・白血球、筋組織の修復)の機能を高めてくれるといいます。私の勝手な予想ですが、これも「自分とつながりやすくなる」ひとつの理由ではないかと思います。そして、実際のクレイでもクレイエリクサーでも、ほぼ同じような効果が得られるように感じます。

クレイは鉱物なので結晶構造をしています。人間の体内にある結晶構造との間に共鳴が起きることによって、クレイから数々の恩恵が得られるのかもしれません。体内の結晶構造の機能亢進によって、透視能力やテレパシー能力を高めたり、ヒーリングを受容しやすくしてくれるようです。


大地のヒーリングエナジーを取り入れて、フィジカルボディもエナジーボディも健康体を目指しましょう。



最新記事

すべて表示

©2021 animiscent