体質改善としてのミアズム治療

ミアズム(miasm)という言葉をご存じでしょうか?古代ギリシアの医師ヒポクラテスが提唱した、感染症などの病に罹患する原因は穢れた空気であるという説が始まりです。日本語で瘴気(しょうき)と言い、スタジオジブリ作品の「風の谷のナウシカ」でも登場した言葉なので馴染みがあるかもしれません。

現代で使われるミアズムという言葉は、ホメオパシーを体系化したドイツの医師ザムエル・ハーネマンによって再定義され、ヒポクラテスが提唱した概念とは異なるため、日本語では瘴気ではなくミアズムやマヤズムと呼ばれているようです。


ミアズムの概念と治療


ミアズムは非物質体で、生体の生命力(ヴァイタルフォース)の乱れを引き起こすものであり、この乱れた状態が長く続くことによって慢性疾患になる、とハーネマンは考えました。急性疾患はその背後に慢性疾患があるからこそ起こるという考えです。

参照元:ホメオパシー・医学への招待 松本丈二著


4世代にわたってホメオパシー治療家であるスブラタ・クマー・バナジー博士のMIASMATIC PRESCRIBINGによると、地球上のあらゆる生体は何かしらのミアズムを持っているそうです。この目に見えない有害なミアズムに対する効果的な治療を行わなければ、生涯にわたってミアズムはカラダにとどまり、病気にかかりやすくなるだけではなく、次の世代に受け継がれてしまうといいます。効果的な治療とは、蓮の花の花びらを外側から一枚一枚はがしていくようなものだとバナジー博士は言います。

西洋医学の薬は症状を抑えることを目的とする対症療法ですが、一時的に症状を抑えても病気やその原因はカラダの内側に内在化し奥底に隠れてしまいます。抑圧した感情も然りです。これが繰り返されると、表面化してきた身体的・精神的症状をひとつひとつ癒していかないことには、根底にあるミアズムの特定すら困難で根治できないということになります。


これについてはエナジーヒーリングも含めどの波動療法についてもいえることで、表面化してきた問題を取りのぞいてやっと本来の課題が見えてくることもあるのです。時間がかかるプロセスですが、根本の原因を取り除いた上で生命力を強化すれば、同じ症状に悩まされることはなくなるため、治療法として、また予防策としても長い目で見れば有益でしょう。


ミアズムによる疾患の発症メカニズム


ミアズムとは、生体を特定の病気にかかりやすくさせるエナジー的な傾向性という方が分かりやすいかもしれません。グルダス著のFlower Essences and Vibrational Healingに書かれてある内容を元に発症メカニズムを見てみましょう。


生体を、物質的身体とそれを取り巻く多層構造のエナジー体に分けて考えてみます。このエナジー体にミアズムが潜在していて、そこにとどまっている間は何の症状もみられず、誘因因子によってそれが活発化すると、徐々に分子レベル、細胞レベル、やがて物質的身体に浸透していき、病気として発現すると考えられています。