あなたも思い当たる?!超エンパスの22の特徴

日本人の5人に1人はエンパスといわれています。自分がエナジーに敏感であることに気がついていない人は意外と多いのかもしれません。私は自分がエンパス体質だと知るまでそんなふうに考えもしなかったため、その言葉すら知りませんでした。この記事では、エンパス度合いが非常に高い私が感受するあれこれをご紹介します。ここまで極端ではなくても、あなたにもどれか思い当たるところはあるかもしれません。エンパスであることを知らずに自分を責めたり落ち込んだり生きづらさを感じがちな人に、不調の原因が自分の外側から来ることも多いと知っていただき、本来の自分をたぐり寄せるヒントとなれば幸いです。


エンパスとは


エンパスとは、共感能力が高い人のことを指します。思考や感情、その場の雰囲気など、目には見えないあらゆるエナジーを全方位からキャッチし、それを自分のもののように感じます。相手の気持ちに寄り添うことに長けている一方、本人は共感を意図せずともエナジーを感受するので、心や身体の不調の原因が自分の外側から来ていることに気づきにくく、自分らしさを見失いがちで、生きづらさを感じやすくなります。



エンパスは「心が弱い」のか


世の中の人たちは――こんなにしんどい思いをしながら――みんなどうしてあんなに毎日元気なのだろうと子どもの頃から不思議に思っていました。それができない自分は「心が弱い」「身体が弱い」と周囲や社会から暗に言われているようで、人と同じようにできない自分はダメな人間なのだと思い、消えてしまいたい欲求と日々闘いながら生きてきました。

大人になってスピリチュアルヒーリングを受けたときに、かなり強いエンパスだと言われ、その言葉にほっとして、救われました。自分がおかしいわけでも、弱いわけでもなかった――。自分で自分のことを初めて受け入れることができたような日でした。


エンパス体質の人に比べると、そうでない人は外部からの影響をそこまで受けません。もっとずっと楽に生きている人たちはいるのです。ならばと、ヒーリングを受けたときに「エンパス体質をなくしたい」とお願いしてみました。でも「それはできないようです」と断られました。理由は、エンパスが弱さや劣性といったものではなく体質であり個性だから。


ずっと、強くなりたいと思って生きてきましたが、それは自分が敏感であることが弱さだと思っていたからです。その認識は誤りだと気づかされ、エンパス体質をどうにかしようとするのではなく、エンパスの側面もある自分を守りながら生きていく方法を実践していくことにしました。



超エンパスの22の特徴――私の場合