7つのチャクラと健康の関係

心身の健康を維持するうえでは欠かせない、エナジー中枢の7大チャクラ。ヒーリングセッションでも必ず状態をチェックします。チャクラがすべて調和している状態であれば全身にエナジーが行き届き、臓器も強化されます。一方で、未解決の霊的・感情的問題を抱えたままでいるとチャクラの機能障害が発生し、エナジーの供給と分配が滞って心身に様々な症状が現れ、疾患の発症に至るといわれています。エナジー循環の重要性を知って、健康維持・向上に役立てましょう。

目次



チャクラとは


チャクラは、目に見えない高次のエナジーを利用可能な形に変換して体内に取り入れるエナジー中枢の役割を果たします。渦を巻いて回転する様子から、サンスクリット語で「車輪」を意味するチャクラと呼ばれています。

人の体内には大小含め360個以上のチャクラがあるといわれています。諸説ありますが、その中でも主要とされるのが7つ。その位置は、解剖学的に見てもそれぞれ重要な神経叢や内分泌腺と一致していることが、東洋医学と西洋医学の系統を照らし合わせて分かっているそうです。


チャクラから取り込まれたエナジーは、神経に沿って存在するエナジーのネットワークを介して細胞、組織、器官、臓器に届けられます。チャクラが正常に機能することが身体的に大切である理由はここにあります。