現実はいつもニュートラル

思うに任せない状況に陥ったとき、「こんなはずじゃなかった」と嘆き、悲しみ、恨み、妬み、怒りといった感情や、後悔・自責の念を抱き、自問自答して思考の堂々巡りを始め、ままならない人生に失望・落胆し、色んなことを諦めてしまうこともあるでしょう。物事が思い通りにいかないとき、流れに逆らうのではなく、それに乗っていくことでより自分に合った方向に導かれることもあります。ひとつの対処法として、自分が持っている価値観を見直し、起きている現実の見方を変えてみましょう。


物事の善し悪しを判断するのは自分の価値観


物事や状況を評価・判断するツールとして、人は「良い/悪い」「肯定的/否定的」「正しい/間違い」「好ましい/疎ましい」といった価値観を使います。幼少期から成長過程において、家庭や教育機関などで直接的に教え込まれたもの、間接的に人の言動を見て習ったものなど、周囲との関わりという体験を通して培ってきたものが多いでしょう。宗教観や道徳観が強い環境であれば、善悪の判断基準として使われる価値観は強くプログラミングされる傾向にあります。

スピリチュアル的には、今世で得た価値観のほかに家系的に受け継がれたもの、過去世から引き継がれたもの、魂レベルで刻まれているものもあると考えます。いずれにしても、一個人の全体の意識の88%を占める潜在意識の中に価値観が貯蔵されているため、自分がどのようなものを持っているかをすべて把握することは難しいでしょう。そして人は無意識にその価値観に沿った思考をし、それが行動に結びついているのです。


すり込まれた価値観で見る断片的な現実


価値観は、この社会、文化、国、世界において集団の中で生きるうえで必要な判断基準となるものもあります。しかし、どれも人間が作り出したものに過ぎません。善と悪、その間に明確な線引きをすることすら本来は難しいかもしれないのに、これが正でこれが邪と当てはめていくことで物の見方が偏ったりするなどのデメリットがあります。

さらに、今自分が持っている価値観がそもそも本来の自分のものではないとしたら、それがあるゆえに自分の思考や行動に制限がかかり窮屈な思いをしている可能性もあります。潜在意識を探らない限り、後付けされた価値観と本来の自分が持っている価値観とのギャップに気がつくのは難しいかもしれませんが、強くなりすぎた善悪の線引きを緩めることを意識することで無意識の領域に自ら働きかけ、本来の自分の価値観に近づいていくことができるかもしれません。



物事には善も悪もなく、ただひとつの現実があるだけ

”There is nothing good or bad, but thinking makes it so.”

William Shakespeare, Hamlet, Act II, sc. 2


シェイクスピアの戯曲「ハムレット」に『この世界には良いも悪いもない、そう考えるからそうなるだけ』という言葉があります。考え方次第で良くも悪くもなるということですね。

人は、理不尽なことをされたとき、逆境に置かれたとき、悩み抜いて物事の原因や真意を探ろうとすることがありますが、その努力をしても理解できるのは表面的なことにすぎません。また、その判断をするための自分の価値観は結局限られた見方でしかなく、相対的なものだからです。つまり、自分にと